桧山進次郎がかつら疑惑!?本当は韓国人だった。

桧山1
代打の神様といえばこの人、
元プロ野球選手で阪神タイガースに所属していた
桧山進次郎さんです。



いやいや代打の神様といえば、
八木だろ!!という突っ込みはなしでお願いします。

そんな桧山さんですが、引退して一年、
解説者や野球評論家としての仕事に板がつき、
多忙な生活を送っているようです。

ここ一年の生活をクローズアップされ
また注目を浴びているというわけですが、

桧山さんによく分からない噂が流れています。

それは桧山さんがかつらだということです。

なにやら桧山進次郎で検索すると
「桧山進次郎 かつら」と言うものが出現するんですよね。

かつら!?

なんとあの桧山さんが本当は頭がハゲてらっしゃる
ということでしょうか。

気になったので調べさせていただいたんですが、
正直何もわからず…

画像を見たり、髪型に注目したりもしてみましたが、
まったく分かりませんでした。

桧山
たしかに言われてみればお歳の割りには
髪もフサフサで黒いですけど、
ハゲて当たり前と言う年齢ではございませんし、
そんな注目するほどのものでもないと思います。

では一体なぜキーワードに出現するほどまで
桧山さんとかつらに関して検索されているのか。

考えれば考えるほど謎めいてきました。

これは完璧に憶測ですが、
プロ野球選手ってオフシーズンにファン感謝祭
のようなものでよくコスプレしているではないですか。

最近でいうと日本ハムの谷口選手が女装で有名になりましたよね。

そういったもので昔、桧山さんもかつらかなんかを使用し、
コスプレしていたのではないかなと思います。

それで一部のファンにより検索された…

こんな感じではないでしょうか。

すいません。

何も分からなくて。

Sponsored Link

桧山進次郎は韓国人だった

そして個人的に衝撃的だったのは、
桧山さんって韓国人だったのかということ。

桧山さんのかつらという結構どうでもいいことを
調べているうちにこのような事実を発見しました。

しかも帰化しているわけでもなくガッツリ韓国人です。

出身は日本の京都府京都市生まれのようですが、
在日韓国人3世で本名も「黄 進煥(ファン・ジナン)」というようです。

決して韓国人だったことに対してショックというわけではないですが、

今まで日本人だと思っていたので、
実は違かったということに驚きを隠せません。

本当にさっきまでかつらとか調べていた自分がバカみたいです。

ではなぜ桧山進次郎と言う名を…

日本に住んでいるためこういった日本名でいたほうが
勝手がいいようですから通り名にしているようですね。

まぁ最初はびっくりしましたが、
桧山さんを嫌いになったわけではありませんし、
これからも日本野球発展のために頑張っていただきたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ