忘却の首と姫の続きは!?原作者の惣司ろうが死去!!

忘却の首と姫
12月5日に発売の花とゆめに訃報です。

「忘却の首と姫」の原作者である惣司ろうさんが
10月16日に胃がんのため亡くなってしまったそうです。



個人的にも「忘却の首と姫」も大好きでしたので
凄くショックですね。

実際は作品を通じてしか知りませんが、
まだ若かったのではないでしょうか。

しかも作品も途中ですし、
これからリリアと王様がどうなっていくのかも
すごく楽しみだっただけに非常に残念でなりません。

「忘却の首と姫」の続き、エンディングの構想としては、

リリアが王妃として決意を新たにスタートし、
やがて子供を授かり希望に満ちたエンディングになる
予定だったそうです。

その流れをコミックで読めなかったのは
ファンとしてはすごく残念ですし、ショックです。

それに今後一生、惣司ろう先生の作品を見ることが
出来なくなってしまったことも。

でもきっとこういうのって
読者もそうですが、作者のほうが悔しかったり
すると思うんですよね。

物語を完結させることが出来なかったこと、
読者さんに見せてあげることが出来なかった悔しさなど
闘病中にもきっと気がかりしょうがなかったと思います。

なんかここからは勝手な妄想ですが、
少年漫画の「バクマン」で漫画家を目指す主人公、
真城最高が倒れて病院で絶対安静の生活の中、
気合を入れて漫画を書いていた姿を思い出します。

もしかしたらそんな鬼気迫ることをしていたんでは
ないかと思うと凄く胸が痛みます。

惣司ろう先生本当にお疲れ様でした。
心からご冥福をお祈り致します。

Sponsored Link

惣司ろうプロフィール

■氏名:惣司 ろう(そうつか ろう)
■性別:女性

少女を描く漫画家。
2012年より「花とゆめ」にて『忘却の首と姫』を連載。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ