SEKAI NO OWARIの音作りのこだわりがすごい!!【ZIP】

sekai no owari
セカオワことSEKAI NO OWARIの音作りへのこだわりが
すごいと話題になっているようです。

1月16日のZIPに出演し、
セカオワの世界観の全貌をご紹介していました。




このZIPを見たときはやっぱりプロだなと思いましたね。

特に只今発売中のニューアルバム「Tree」に入っている楽曲にも
セカオワのこだわりが随所に入っているようです。

それではZIPで語っていたセカオワの音楽のこだわりを
軽くご紹介したいと思います。

Sponsored Link

SEKAI NO OWARI音楽のこだわり

tree
では早速ですが、
SEKAI NO OWARIの音のこだわりをご紹介したいと思います。

ニューアルバム『Tree』中の楽曲で『ピエロ』という楽曲があるんですが、
その楽曲には作ったメロディーを100年前の蓄音機で
再度流して録音してみたり、様々な工夫をしています。

(ちなみにこの蓄音機の案は採用されなかったようですが)

実際採用された案として『ピエロ』という曲の歌詞から伝わる緊張感を出すために
ボーカルのFUKASEさんの心臓の音を使ったようです。

実際に全速力で走り心拍数を上げて
その音をマイクで拾って使用しています。

その為、この『ピエロ』と言う曲の世界観が
非常に伝わってきくるような楽曲になっています。

さらにめずらしい音を使用した曲で
能年玲奈さんが主演の映画『海月女子』の主題歌にも
使用されている『マーメイドラプソディー』という曲。

こちらも水の音を使用して作っています。
水を筒に通し何通りの音を作って使用しているようです。

こちらも海月女子という映画にあったような
音を使用していますね。

他にはライブ名にもなった『炎と森のカーニバル』
こちらの曲に関しても花火の音をドラムの変わりに使用したり
オーケストラを野外で録音したりなど、非常にこだわっているようです。

たしかにこの曲の臨場感溢れるメロディーはすごいですもんね。

このようにセカオワの音楽の世界観の秘密を語ってくれていました。

どんなものも音楽に変えられるという自信がついたら
色々なものを注目するようになったとNAKAJINさんが語っていました。

他にもきっとたくさん変わったものや変わった録音方法で
音楽に使用していると思います。
歌だけでなく音楽にも注目して聞いてみるのもおもしろいと思いますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ