ガソリン価格の今後 2015年はどのように推移していくのか!!

ガソリン
ガソリン価格が2014年7月頃から2015年1月28日現在で
27週連続で下がっているようです。




7月頃は役170円近い価格が現在は136円程度になり
最高価格よりも30円以上も安くなりました。

この事態には家計のみならず様々なところで
いい影響をもたらしているようですね。

こうなってくると2015年の今後はどのように
ガゾリン価格が推移していくのかが気になってきます。

一度は下がったものの今後また上がっていくのか、
それとも下がるところまで下がっていくのか。

個人的にはとしてはこのままガソリン価格100円以下とかまで
なってくれないかなとも思うのですが、

今後の経済の状況も含めて2015年のガゾリン価格について
予想してみたいと思います。

Sponsored Link

2015年今後のガゾリン価格について予想します

石油
そもそもなぜガソリン価格が下落しているのかといいますと、
OPEC(石油輸出機構)からのアメリカの需要が下がったことが
主な理由とされています。

アメリカの需要が下がった背景としてはシェールオイルという
原油や天然ガスを採取する技術が進歩し、アメリカでの原油生産が
大幅に増加したためにOPECからの石油の輸入が減ったという訳です。

アメリカといえば世界一の石油消費国ですので、
輸入が減るということはOPECとしては非常に痛いことですよね。

要はそのようなことが起きている為に、
要は石油が世界的に余り気味になっているというわけです。

その余った石油をもっとシェアするために
価格を下げているということです。

今後もこのような背景は続いていくと思われますので、
2015年についてはしばらく下落方向になっていくのかなと思います。

このままの様子で行けば本当に100円以下なんてことも…

まぁこれについては日本のガゾリンは輸入ですから
為替の影響も出てくるので、石油価格が大幅に下落しようが
一気に下がるというのは難しいかもしれません。

しかし、原油価格が下がることで悪くなることはないと思いますので
このまま下落していただければ嬉しいところですね。

2015年のガソリン価格予想は
「このまま下がり続ける可能性あり!!」ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ