2045年問題とは何!?コンピュータが人類を超える日…

ターミネーター

皆さんターミネーターって知っていますか?

アーノルド・シュワルツネッガー主演の映画で、人工知能をもったロボットたちに
人類が絶滅の危機にさらされてしまうといった話です。

そんなSFの物語ですが、実はそんな世界が現実に、
しかも結構近い未来に訪れる可能性があるかもしれないのです。

それが2045年問題です。

その2045年に一体何が起きるのか…
どうなってしまうのか非常に気になると思います。

その2045年問題とは1台のコンピューターが全人類の知能を越える日と言われています。
要はコンピューターが人間の能力を上回ってしまうということです。

そんなことが起きてしまったらどうなるか容易に想像がつきますよね。
まさにターミネーターの世界です。

昔は恐竜が支配する世界だった地球が今は人間が支配したように、
今度はコンピューターが世界を制する日が来るかもしれません。

Sponsored Link


なぜそのような世界になってしまうのか

コンピューターの処理能力というのは年々増加しています。

今後もこのペースで処理能力を向上させていった場合、
2045年頃に人間の全能力を超えてしまうという計算になっているようです。

そこから先はもう人間の人知を越える世界で人間が
コンピューターが行なうことに対し予測できなくなるようです。

さらにそのコンピューターは自らプログラムを改良し、
永遠に進化を遂げ続けるので人間との知能の差は開き続けます。

もうそうなったら完全にコンピューターの世界になりそうです。

ではなぜそんなことが起きると分かっておきながら
コンピューターの知能向上を今尚、進めているのか。

それはコンピューターの人工知能開発の最先端を行く会社
「google」の会長でもあるエリック・シュミット会長いわく、

「『2045年問題』の指摘は誤りだ。優れた人工知能のロボットは、人類にユートピアをもたらす。ディストピア(暗黒社会)ではない」

と言っているからです。

エリック氏は人間には出来ないことをロボットがする世界、
人間の人知を超えた発明など、人間では不可能と思えたようなことが
出来る世界を望んでいるのかも知れません。

確かに人間では難しくて出来なかった発明や様々な医学など、
ロボットが勝手に考えてくれるのであればそれに越したことはありませんが、
先程も言いましたが、そこから先は人間の知能を越える世界です。
だれも予測できない世界です。

私としてはそのほうが怖いなと思ってしまいます。

この未来は絵空事ではなく必ずやってきます。
計算上絶対訪れる世界です。

もちろん人間も馬鹿ではありません。
対策は練っていると思います。

しかし今は、人間もロボットもどんな未来になるかは知る良しもありません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ