毛穴開き・黒ずみに悩んでいる方必見!!実際に管理人も治した改善方法

JK92_hohohiji20150222103753-thumb-815xauto-18352

鼻や頬の毛穴の開き、黒ずみに悩んでいる方って年代問わず、かなり多いと思います。
お肌の悩みランキングなんかでも常に上位にいますし、20代女性に関しては肌の悩み堂々のNo.1。

 

出来てしまったらなかなか改善しづらい厄介な肌トラブルですよね。

 

でもこの毛穴のトラブルですが、人によってかなり差があるような気がしませんか?
毛穴のケアなんか全然してないという方でも見えない人は本当に見えませんし、逆にちゃんとケアしているはずなのに目立つ人は凄く目立ちます。

 

なんかこれって不公平じゃない?と思うほどに…

 

ちなみに私も後者のほうで、高校生、いや、中学生ぐらいから悩まされていたような気がします。
長く付き合いすぎてもうどれくらいから毛穴開きがあったかなんてもはや忘れました(泣)

 

悩み始めてからというものの色々なことを試してきたのですが、全然改善されず…
どんなケア方法を試しても全然良くならなかったので、半ば毛穴の改善って無理なんじゃないかと思ってました。

 

とはいっても、ただ放置するわけにもいかないので、とりあえずグダグダと色々なケアを試してきたんですが、ある時を境に「あれ?なんか毛穴薄くなっているような…」と実感できるようになったんです。

(グダグダとケアをしてきたと言っても実は結構勉強したんですけどね。)

P1000623

 

最初はちょっとびっくりするような方法ですが、確実に効果を感じれる方法だと思います。
ということで、今回は私と同じように毛穴に悩める女子の為に、そんな私が実際に試して効果のあった毛穴のケア方法をご紹介したいと思います。

 

毛穴の開き、黒ずみの原因は何?

まず、皆さんの毛穴ケアはどんな感じにやっていますか?

 

「まず蒸タオルを顔に乗せて~毛穴を開かせてから洗顔して~冷水で毛穴を閉じる」

とか…

「半身浴でいっぱい汗かいてから洗顔して~」

 

などなど、大半の方はこんな感じかなぁと思います。
毛穴のトラブルといえばコレ!っていうような王道な方法がですよね。

 

でも、正直コレ治らなくないですか?

 

もちろん私もこれらの方法は試しましたよ。
なんなら半身浴で汗をかくどころか、お風呂に入る前にジョギングしてから入ってましたから。

 

毛穴はこれ以上ないぐらいガン開きにして洗っていたにも関わらず、頑張った割には全然改善されませんでしたねorz

 

「なんで治らないの!?」と自暴自棄になったりもしたのですが、よくよく勉強してみると、実はこの毛穴ケアの常識とも言える方法では毛穴の根本的な改善にはならないことが分かったんです。

 

それは、毛穴の根本的な原因は「角栓」にあったからなんです。

 

毛穴の開きや黒ずみの原因はこの角栓が酸化することによって黒ずみへになったり、角栓が毛穴に留まりドンドン大きくなることで、毛穴が開きっぱなしになり毛穴の開きが発生します。

 

まず、毛穴レスを目指すには第一にこの角栓を綺麗に取り除いてあげることが大切だったんです。

 

ところが、上記で紹介したような王道的な方法では、肌の表面にある角質は取り除けても、毛穴の奥深くに眠る「角栓」を取り除くことは出来ないんです。

 

「角栓=毛穴の深さ」で根付いているので、普通の洗顔やマッサージでは到底取り除くことが出来ないのです。

 

ではどうやってその角栓を取り除くのか?
次にその方法を詳しくご紹介していきますね。

 

角栓を取り除く方法は?

yukatii

 

早速、角栓を取り除く方法ですが、その方法はひとつしかありません。

 

それは「エクストラクション」と言う方法です。

 

エクストラクション???

 

正直「?」マークの人が多いと思いますが、「エクストラクション」=「毛穴に詰まった汚れを押し出して取り除く」ことです。
要するに指でにゅるっと角栓を押し出すアレのことですね。

 

えっ!?そんなことして大丈夫!?と心配になる方も多いかもしれませんが、実はこの方法が角栓、毛穴詰まり・黒ずみの原因を取り除く唯一の方法なんです。

 

この方法は美容の最先端でもあるアメリカのニューヨークなんかでは当たり前のケア方法だそうですし、日本の毛穴ケアの第一人者たちもこの方法を推奨しています。(私が勉強した毛穴関連の本でも必ずと言っていいほど紹介されていました)

 

だからといって適当な知識で安易に行ってしまうと肌を痛めかねませんので、必ず正しい方法を学んでから実践しましょう。

 

それでは正しいエクストラクションの方法を説明します。

 

正しいエクストラクションの方法

エクストラクションの基本的な流れですが、

 

①クレンジング・洗顔で古い角質を取る

②指圧で角質を押し出す

③化粧水で毛穴を引き締める

 

この三つの流れで行います。

 

まず①のクレンジング・洗顔で古い角質を取るですが、これは角栓を綺麗に取る為にも角栓にフタをしている角質を綺麗にとりましょう。

 

初めてエクストラクションを行う場合は酵素洗顔スクラブ洗顔などで洗顔するといいかもしれません。
というのも、酵素洗顔やスクラブ洗顔には古い角質をはがれやすく分解する作用があるので、古く溜まった角質を効率的に角質を取り除くにはもってこいです。

 

しかし、注意点として酵素洗顔やスクラブ洗顔は毎日や短いスパンで行ってしまうと、必要な油分や角質を取りすぎてしまい、外からの刺激に反応しやすい肌を作ってしまいます。
結果、敏感肌を招いてしまうので、これらの洗顔を行うにしても一週間に一回、肌をリセットするつもりで行いましょう。

 

あと普段のお手入れで2度洗顔(クレンジング+洗顔料)を行っている方も改めたほうがいいかもしれませんね。
こちらも酵素洗顔やスクラブと同じ理由で敏感肌を招いてしまう可能性があります。

 

クレンジングも洗顔料も洗浄力の高い成分が両方に含まれていますので、クレンジングの後に洗顔料で洗顔してしまうとやはり過剰洗顔になってしまう訳です。

 

クレンジングを使った後ってなんとなく気持ち悪いし、洗顔したくなる気持ちは非常に分かるのですが、実際はクレンジングのみで十分汚れは落ちてますので、肌を痛めないためにもクレンジングのみにしておくことをおすすめします。

 

次にエクストラクションの本番でもある②の指圧で角質を押し出す方法ですが、こちらはもうイメージ通りです。

 

毛穴を指と指で挟んで下からぐっと押し出し、毛穴から絞り出すイメージで圧します。
そして角栓が出たところを指ではじいたり、ふき取ったりして完全に取り除きます。

 

ちょっとイメージがつきづらいと言う方に実際にエクストラクションを行っている動画がございましたのでコチラをご覧ください。

 



 

うまく行うコツとしては、この動画のように指にガーゼやコットンを巻きつけて行うと滑り防止にもつながりますし、肌へのダメージの軽減にもなりますので、出来る限りつけて行いましょう。

 

注意点は絶対につめを立てないこと、それから角栓が出ないからといって無理に出そうとしないこと。

 

長い間深く根付いた角栓はそう簡単には出てくれません。1,2回トライして出てきてくれなったら次回に回しましょう。
何回かトライしているうちに角栓が緩んで取れやすくなりますのでそれまでは無理をしないことです。

 

最後に③の化粧水で毛穴を引き締めるですが、こちらは普通に角栓を抜いたところに化粧水をつけていきます。

 

ここで重要なポイントがあります。
この化粧水をビタミンC配合のものにしてください。

 

というのもビタミンCにはコラーゲンの生成を促進させる効果があり、大きく開いた毛穴をキュッと引き締まった小さい毛穴に変える力があります。

 

エクストラクションは角栓を抜いた後、毛穴がぽっかりと空いた空洞状態になります。
そこをしっかりと効率的に閉じるにはビタミンCの力が必須なんですね。

 

普通の化粧水ではダメと言うわけではないですが、より効率的に毛穴を小さくするために出来るだけビタミンC配合のものに変えましょう。

 

他にも頬のたるみ毛穴なんかにも非常に効果的で、毛穴ケア全般に有効です。

 

個人的に使ってみて一番良かったのがこの美容液。

超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム

 

なんかこのページだけ見ると「シミ」用の美容液みたいになっていますがw
決してそういうわけではないのであしからずw

 

2014年のビタミンC美容液No1になるほどのもので、純粋にビタミンC関連の化粧品の中で一番優秀な美容液です。
特に浸透力にこだわっているということもあってか、浸透力が全然違います。

 

角栓を抜いてぽっかり空いている毛穴にめっちゃ効いているような感覚がありますよ。
私は実際にエクストラクションと併用して使ったら毛穴開きにかなり効果を感じることが出来ました。

 

ちょっと値段的には高いですが、エクストラクション用として持っておくのもいいかもしれません。

 

以上3つのポイントをしっかりと抑えて正しいエクストラクションを行ないましょう。
正しく行なえば毎日行なっても問題ありませんし、角栓があるのであればかえって毎日行なったほうが効果は出ます。

 

ただし注意してほしいのは、ニキビや傷など疾患がある肌にはできませんので、そこだけは注意して行なってくださいね。

 

-広告-


サブコンテンツ